海外旅行保険を比較して選ぶ~保険で生活マモルンルン!~

説明

節税対策になる

生命保険で相続税を減らせます。

書類に記入する男性

生命保険とは身近な誰かにもしものことがあった場合に保険金を受け取れるものですが、その本来の目的の他に相続税の節税対策として役立てることもできます。 相続税には一定の非課税枠があり、これまではそのおかげで相続税を納めなくて済むケースも多くありました。しかし、今年1月からその非課税枠が大幅に引き下げられました。そのことによって、相続税を納めなければならない人が増えることになります。そうなってくると、法律の範囲内でできるだけの節税対策をすることへのニーズが高まってくるものと思われます。 その一つの方法として有効なのが生命保険の利用です。もしものことがあった時にまとまったお金が受け取れる上に節税対策にも一役買ってくれるのであれば一石二鳥です。

具体的な仕組みと注意すべきこと

なぜ生命保険に入ることによって節税対策ができるのでしょうか。 まず一つは、保険料を払って手元の財産を減らすことによって相続税の課税対象となる財産を減らすことができます。さらに、生命保険料は一定の割合が所得税の課税対象から控除される仕組みもあるので所得税の節税にもなります。 もう一つは受け取った死亡保険金の扱いです。死亡保険金の受取人が相続人の場合には、500万円×法定相続人の数が相続税の対象とはならないため、相続税の課税対象を減らすことができるのです。 その際に注意しなければならないのは、死亡保険金の受取人を必ず相続人にしておくということです。相続人以外の人を受取人にした場合、贈与税の課税対象となってしまい損をしてしまいます。 必要に応じて生命保険を使った節税対策を検討してみてはいかがでしょうか。